勝負の前に出張マッサージを呼んでいます

商談のために定期的に東京都内まで出向いていますが、定宿としているビジネスホテルは出張マッサージを呼べるのでいつも利用しています。滞在期間は1週間というパターンが多く、商談をまとめる前日に出張マッサージを依頼して翌日のために備えるパターンが多いです。なぜなら、出張を行ったからといって必ずしも商談が成立するとは限らず、空振りとなることも少なくありません。1回の出張で複数の商談を入れることになりますが、作業量が増えて心身共に疲れ切ってしまうわけです。出張マッサージならば、就寝前に宿泊先へ出向いてもらい心身共にほぐしてもらえます。マッサージの施術が終わった後は、そのまま就寝可能とあって翌朝の目覚めが特に良いことに気づいてからは、勝負の日前夜に出張マッサージを呼ぶようになりました。セラピストを固定して呼ぶ方法が一般化していますが、必ずしも数日前に勝負の日が決まるわけではありません。そこで、お気に入りのセラピストが在籍している店舗を探して、その日の気分で呼ぶことにしています。

ホームに戻る